賃貸契約時の準備

賃貸契約を結ぶときの書類

賃貸契約に印鑑証明書が必要な訳

マンションの賃貸契約の際に契約者は基本的には認印のみで契約可能なところが多いです。しかしながら、連帯保証人の保証人誓約書に記名押印してもらう際には連帯保証人の実印の押印と、その印鑑証明書が必要になります。なぜならば、契約の際に連帯保証人が同席しなくても、実印で押印してもらうことが連帯保証人としての意思表示となるからです。そのため、家賃の滞納が発生した場合や入居中に何かトラブルがあった場合でも、マンションの賃貸契約の連帯保証人になった覚えがないと連帯保証人は言うことが出来ず安心することが出来ます。

契約を結ぶ際に印鑑証明は必要

アパートやマンションなどの物件を借りる際には賃貸契約を結びますが、契約を結ぶ際に必要になるのが印鑑です。賃貸契約そのものは基本的に認印で成立しますが、不動産会社によっては「本人が契約することを証明するもの」として実印と印鑑証明書の送付を求めてくる場合もありますので注意が必要です。また家賃を銀行口座から引き落としする場合は口座の銀行印も用意しておく必要があります。連帯保証人の場合は実印と印鑑証明書が必須となっています。これは万が一契約者が家賃を払うことができなくなってしまった場合でも確実に賃料を回収できるように、連帯保証人に対して契約者に代わって未払いの家賃を支払うという意思があるかどうかを確認する必要があるためなのです。

↑PAGE TOP