賃貸契約時の準備とは

印鑑証明の必要な賃貸契約

賃貸契約には印鑑証明が必要か

一軒家の賃貸物件や賃貸マンションを契約する時に契約者本人による書類への押印を必要とする場面がありますが、多くの場合で認印による押印で契約は可能となります。しかし、本人や連帯保証人の実印による押印と印鑑証明の提出が求められる場合もあります。連帯保証人は家賃の支払いが滞った場合などに契約者に代わって責任を持つことになり、不動産会社にとっては家賃の未払いによる損害を防ぐために重要な存在です。そのため、間違いなく本人が連帯保証人になったことを確認するために、実印での押印と印鑑証明書、本人直筆の署名が求められます。

部屋を借りる時の印鑑証明

新しい生活を始めるにあたって、部屋を借りるというのは、外せない条件です。新しい仕事や環境の変化を支える、生活のベースとなるものですから、きちんとした部屋に住みたいと思うのは当然のことです。賃貸契約の際に、印鑑証明は必要なのかどうか、引っ越し経験のあまりない方には判りにくいところかもしれません。確かに、仲介業者や不動産業によっては、求められる場合もあります。が、ほとんどの場合、認印で賃貸契約は可能です。ただし、連帯保証人となる方の、実印と印鑑証明が必要になります。親や親族という場合が多いですが、そこでの情報交換さえきちんとしていれば、まず問題はありません。

↑PAGE TOP