賃貸契約を結ぶ時は

賃貸契約に必要なものを準備

賃貸契約時の印鑑証明の有無

賃貸物件を借りる時に印鑑証明書が必要になる事もあります。これは実印を利用する場合に必要で、契約を交わす時に実印を使わなければならない時には事前に交付を受けておく必要がありますが、購入物件とは異なり、一般的には認印等を利用する事で契約を交わす事が出来ます。賃貸マンションの中には高層階の物件もあり、階数が高くなる分、部屋からの眺めが良いなどの理由からも人気を集めていますが、購入した場合には目の前に遮る建築物が出来てしまい、景観が変わってしまうケースもありますが、借りている場合には引越しをすれば良いと言うメリットもあります。

不動産賃貸契約の際に必要なもの

不動産賃貸物件契約締結の際に必要なものは、賃貸物件の初期費用、賃借契約者の印鑑、前地での住民票の写し、在職証明書、また、保証人及び保証人の印鑑証明書等が必要です。保証人不要の物件の場合で、保証会社を設定する場合などは、これらの他に、収入証明等も必要になる場合があります。また、併せて駐車場を賃借する場合、使用予定車輌の車検証のコピーや、運転免許証のコピーなどを提出するところもあります。契約締結時に、必要なものがそろっていないと、手続き不備で何度も不動産業者とやり取りすることになりますので、事前に必要なものを確認しておくことが好ましいです。

↑PAGE TOP