賃貸を契約する時

賃貸契約の際に必要なものとは

賃貸の際に必要な印鑑証明

賃貸契約をする際、連帯保証人の実印と印鑑証明書が必ず必要ですが、不動産会社によっては本人も契約する証明として実印と証明書が必要となる場合があります。実印とは、住民登録をしている市町村の役所に登録した法的な効力を持つ印鑑のことで、登録にかかる値段は200円から500円です。その登録した印鑑が本物であることを証明するために書面にしたのが印鑑証明書になり、発行にかかる値段は200円から400円です。春先は転勤や引越しで役所も混むため、賃貸契約と同時に登録・発行の申請すると非常に時間がかかることがあります。そうならないように、役所が混まない時期に申請することがおすすめです。

賃貸は契約時に印鑑証明が必要

賃貸のアパートやマンションを借りようとしたときに、印鑑証明を求められる事があります。アパートやマンションに入居する場合は、連帯保証人が必要で、賃貸借契約書に自筆で記名し、実印を捺印するのが一般的です。同時に、連帯保証人の印鑑証明も必要です。不動産業者によっては、入居者本人も要求されたりします。理由は、本人や連帯保証人の本人確認ができて、連帯保証人には、連帯保証人になる意思があるかを確認するためです。万が一、借主が家賃を滞納した場合に、未払い家賃を連帯保証人に請求し、法的に速やかに支払いしてもらうためのものです。

↑PAGE TOP